R06農産経営科(2年)

ページ番号2010663  更新日 令和6年7月10日

印刷大きな文字で印刷

6月

大豆播種
水稲の作業が一息つきました。次は、大豆の播種作業です。
大豆防除
大豆の播種後、職員の指導の下、防除機で雑草防除を行いました。
あきたこまち生産者協会
6月19日~20日の事例研では、秋田県大潟村で干拓地の農業について学習。
大潟村あきたこまち生産者協会では、パックごはんの工場を見学しました。
球技大会
6月21日の球技大会は、1年生と力を合わせて奮闘。ドッジボール1位、バトミントン2位、
バレーボール2位で、なんと総合優勝です。
溝切
水稲は順調に育ち、十分な分げつ数を確保したので、中干しを開始。
中干しを効果的にするため、溝切作業を行いました。

5月

田植え
今月は田植えが主な作業、協力しながら、生徒それぞれが田植機を操作し、
担当する田んぼに苗を植えました。
湛水直播
先月は乾田直播を紹介しましたが、今月は湛水直播の播種です。1回目は
スズメの襲撃で壊滅的な被害に遭いましたが、2回目の播種分は順調に
生育しています。
スカイテック
株式会社スカイテック様の協力で、ドローンによる除草剤散布の実演を見学。
写真は、最新機について説明を受けているところです。
卒研説明会
1年生に対して卒業研究の説明会を実施。雨のため、室内での説明会となって
しまいました。
kennhoku
事例研究で、県北農業研究所へ行ってきました。漆原所長から、県北農業研究所の役割や
最新の成果について説明を受けました。国内では珍しい、雑穀の育種についても説明を
受けました。

4月

sakura

農産経営科2年生、新年度をスタートしました。

taihi

2年生の授業は実習が多くなります。まずは、堆肥散布による土づくりからスタート

baati

バーチカルハローでの作業。卒業研究で水稲の乾田直播に挑戦します。

hasyu

乾田直播は、みちのくクボタ様から播種機とケンブリッジローラをお借りして行いました。播種作業は自動操舵のため走行ラインがまっすぐです。

tetukuro

卒業研究では、水稲の湛水直播にも取り組みます。播種に向けてコーティング作業を行いました。

kouki

トラクターでの耕起作業の様子。春作業を安全に行っています。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立農業大学校 教育部 農産園芸科
〒029-4501 岩手県胆沢郡金ケ崎町六原蟹子沢14
電話番号:0197-43-2211(内線番号:203) ファクス番号:0197-43-3184
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。