がん患者・経験者等への就労支援について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003099  更新日 令和2年5月13日

印刷大きな文字で印刷

がん患者・経験者等への就労支援に関する情報です。

がん患者・経験者等への就労支援について

 がんの早期発見と治療法の進歩により、仕事を続けながら治療を受ける方が増えてきました。その一方で、患者さんやご家族が、仕事と治療の両立に不安をおぼえたり、経済面でのやりくりが大変だと感じることも多いと言われています。

 治療を受けるにあたり、さまざまな理由から退職を考えることがあるかもしれませんが、すぐに決めるのではなく、主治医や職場の上司や産業医などに相談することをおすすめします。

 職場の就業規則や休暇制度を確認するとともに、ご自身の治療計画や、勤務の仕方について話し合うことが必要です。早まって仕事を辞めないようにしましょう。
 お困りのときは、がん相談支援センターや労働相談窓口へご相談ください。

1 がん相談支援センター

 県内のがん診療連携拠点病院には、がんの相談窓口「がん相談支援センター」が設置されています。専門の相談スタッフが、患者さんやご家族の相談に対応いたします。

2 ハローワーク(公共職業安定所)による就労支援

 療養しながら就職を目指す方に対し個別の相談や支援も行っています。
 ハローワーク盛岡の専門相談部門(019-624-8904)には、がんなどの長期療養者専門の相談員が配置されています。

 

3 独立行政法人 岩手産業保健総合支援センターのご案内

独立行政法人労働者健康安全機構 岩手産業保健総合支援センターでは、治療と仕事の両立支援について、労働者、事業者の双方の立場から相談に応じています。

(1) 事業者からの相談

  •  従業員が長期の治療を有する病気になった
  •  本人にも仕事を続ける意思があるし、会社としても経験豊富な人材で辞めてもらいたくない
  •  時短勤務や病気休暇の制度は設けていない
  •  治療を続けながら仕事を続けてもらうためにはどうすれば良いだろうか

両立支援に取り組もうとする会社等(事業者)からの要請に応じて、両立支援促進員(保健師、看護師、社会保険労務士)が事業者を訪問し、社内制度の整備等の具体的なアドバイスや管理監督者に対する教育などの支援も行っています。

詳しくは、岩手産業保健総合支援センター ホームページをご覧ください。

 

(2) 労働者からの仕事と治療の両立相談

  • 治療と仕事が続けられるか不安
  • 今後の働き方について、誰に相談したらよいかわからない
  • 職場の理解・協力が得られない
  • 治療に合わせた時短勤務や休暇の取得が難しい

岩手産業保健総合支援センターでは、治療を続けながら仕事を継続できるように、両立支援促進員が各病院に出張してがん患者等から両立支援に関する相談を実施しています。

*ご相談を希望される方は、岩手産業保健総合支援センターまたは、各病院に直接お尋ねください。

岩手医科大学附属病院 患者サポートセンター 出張相談窓口:毎月第3火曜日 13時00分~16時00分

  • 岩手医科大学附属病院 内丸メディカルセンター 患者サポートセンター 出張相談窓口:随時対応(要事前予約)
  • 岩手県立胆沢病院 医療情報コーナー 出張相談窓口:毎月第4火曜日 11時30分~14時00分
  • 岩手県立磐井病院 患者支援センター 出張相談窓口:毎月第3月曜日 11時30分~14時00分

4 その他の相談窓口

  • 岩手労働局総合労働相談コーナー  電話 0120-980-783 平日 9時~17時
    労働条件・労働に関する問題、募集採用、職場環境などあらゆる労働分野の相談・案内を行っています。
  • ライフサポートセンターいわて  電話 0120-804-340 平日 10時~17時
    岩手県労働者福祉協議会を中心に設置された組織で、労働、法律、子育て、年金、健康など労働者の暮らしに関する相談を無料で応じています。
  • 岩手県社会保険労務士会 総合労働相談所  電話 019-651-2373 
    雇用、労働条件、労働保険、社会保険、年金について助言や相談を無料で行います。
    第2・4水曜日 13時~16時  要事前予約
     

5 就労支援・両立支援に関する情報

  • 事業場における職業生活の両立支援のためのガイドライン(厚生労働省)  

  がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、事業場が適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治 

 と職業生活が両立できるようにするため、厚生労働省が事業場における取組などをまとめたガイドラインです。

  • がんと仕事のQ&A(国立がん研究センターがん対策情報センター)

  がんと仕事に関するさまざまな疑問に対する回答がまとめられています。

  • 身近な人ががんになったとき

  職場の同僚・上司が、がんの治療を受けたり、がんの家族を支えている場合の心構えなどがまとめられていま す。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 地域医療推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5415 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。