宮古管内の漁港(12) 田老漁港

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014280  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

田老漁港(たろうぎょこう)

田老漁港の航空写真

  • 所在地:宮古市田老字田老
  • 漁港指定:第2種 昭和26年7月10日
  • 管理者:岩手県
  • 関係漁協名:田老町漁協
  • 背後集落名:田老

田老漁港の紹介

本港は宮古市田老の中心部にあり、田代川の河口に築造された漁港である。漁港整備に当たっては、この川のサケの遡上を妨げないよう島式漁港として築造された。
また、本地区は我が国史上最大といわれる明治29年、昭和8年の三陸津波により集落のほとんどが流失し、多数の死者を出す壊滅的な被害を受けた地区である。
本港の利用は採介藻漁業が中心で、中型船以上は宮古港を利用していたが、整備が進むにつれて自港からの操業が可能になり、現在では宮古市田老の中心港として、定置網、イカ釣り等の沿岸漁業、ワカメ、コンブの養殖業の基地港となっている。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局水産部宮古水産振興センター 漁港管理課 計画チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2216(内線番号:321) ファクス番号:0193-71-1274
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。