宮古管内の漁港(2) 机漁港

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014270  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

机漁港(つくえぎょこう)

机漁港の航空写真

  • 所在地:下閉伊郡田野畑村机
  • 漁港指定:第1種 昭和26年11月14日
  • 管理者:田野畑村
  • 関係漁協名:田野畑村漁協
  • 背後集落名:机

机漁港の紹介

地名の由来はアイヌ語のツツエ(崩れた崖)で、その名の通り、北部陸中海岸特有の断崖絶壁で囲まれた景色の優れた漁港である。
本港は古くから磯漁業の基地として利用されているが、集落から漁港までは高低差が約200メートルで、
約3キロメートルの距離があり漁業活動には大変な苦労があった。
昭和43年度からの本格的な漁港整備や関連道の整備により利便性が大幅に向上している。
現在ではワカメ、コンブの養殖業、及びサケ延縄が主な漁業であり、
安全な泊地を確保するため地域水産物供給基盤整備事業により防波堤の整備を進めている。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局水産部宮古水産振興センター 漁港管理課 計画チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2216(内線番号:321) ファクス番号:0193-71-1274
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。