胆沢第三発電所

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015334  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

河川維持放流を利用した発電所

胆沢第三発電所は、治水、上水道、農業用水及び発電を目的とする多目的ダム、国土交通省胆沢ダムの維持放流水を利用した発電所です。

下流方面には県営の胆沢第二・第四発電所が立地しています。

なお、この発電所は、電源開発株式会社との共同管理体制によって運営されています。

  • 所在地 奥州市胆沢区若柳
  • 使用水量 1.8立方メートル毎秒
  • 有効落差 105.25メートル
  • 最大出力 1,600キロワット
  • 運転開始 平成26年7月1日
写真1
発電所全景
写真2
水車発電機

このページに関するお問い合わせ

企業局 業務課 電気担当
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6399(内線番号:6399) ファクス番号:019-629-6404
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。