岩洞第一発電所

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015320  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

わが国有数の地下式発電所

岩洞第一発電所は、北上川水系丹藤川に建設した岩洞ダムの貯留水(岩洞湖の水)を利用しており、発電に使用した水は、約7キロメートル下流にある岩洞第二発電所に直接送っています。

また、有効落差が約400メートルという、わが国有数の高落差発電所であり、発電設備が地下300メートルにあるため、機材や人員の輸送には、インクラインという乗り物を使っています。

この発電所の周辺は、春には桜が非常に美しい所でもあります。

  • 所在地 盛岡市日戸
  • 使用水量 12立方メートル毎秒
  • 有効落差 405.2メートル
  • 最大出力 41,000キロワット
  • 運転開始 昭和35年12月
岩洞第一発電所の写真
   岩洞第一発電所と岩手山
地下発電所の写真
       地下発電所
インクラインの写真
       インクライン

このページに関するお問い合わせ

企業局 業務課 電気担当
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6399(内線番号:6399) ファクス番号:019-629-6404
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。