令和3年8月の意見・提言集

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1047582  更新日 令和3年10月20日

印刷大きな文字で印刷

令和3年8月に県に寄せられた御意見・御提言を掲載しています。

受理方法別に、1.電子メール、2.電話・ファクシミリ、3.来訪・文書、4.その他の順で掲載しています。

  • 提言内容は、御意見等の要旨です。
  • 取組状況は、御意見等に対する回答時点における県の取組です。
  • 担当部局及び担当課名等は、御意見等の内容を担当する部署です。
  • 反映状況の区分は、次のとおりです。
    • A 要望の趣旨に沿って措置したもの
    • B 実現に努力しているもの
    • C 当面は実現できないもの
    • D 実現が極めて困難なもの

受理年月日:2021年8月31日(電子メール)

受理方法:知事ホームページ

意見提言内容

 岩手緊急事態宣言により、営業時間短縮要請に協力した盛岡市内全域の飲食店等には協力金が支給されるが、持ち帰りや仕出しを専門とする事業者なども、修学旅行や催し物などの中止による注文のキャンセルに伴い、売上が減少している。このような事業者にも、飲食店と同様に補償を検討してほしい。

取組状況

 県では、「岩手緊急事態宣言」により全県的に幅広い業種の中小企業者の経営に影響が及んでいることを勘案し、令和3年度第6号補正予算において、持ち帰りや仕出しを専門とする者を含む飲食事業者等について、売上が一定割合以上減少した場合、「地域企業経営支援金」の支給限度額を1店舗あたり10万円(1事業者あたり最大50万円)引き上げ、より手厚い支援を行うこととしたところです。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により売上が一定割合以上減少した事業者を対象とする低利融資制度「新型コロナウイルス感染症対策資金」についても、「伴走支援型特別保証」を利用した場合、県の保証料補給により中小企業者の保証料負担をゼロとするよう新たに措置しています。
 今後においても、新型コロナウイルス感染症による中小企業者の経営への影響を注視し、必要に応じて臨機応変に追加の支援策を検討していきます。

  • 反映区分:B 実現に努力しているもの
  • 部局名:商工労働観光部
  • 回答課名:経営支援課
  • 回答担当名:商業まちづくり担当、金融担当
  • 回答電話番号:019-629-5547、019-629-5541

受理年月日:2021年8月16日(電子メール)

受理方法:電子メール

意見提言内容

 コロナ禍で不要不急の外出自粛要請が出されている中、外出しなくても本を楽しめるよう、県立図書館に電子書籍サービスを導入してほしい。県内ではすでに電子書籍サービスを導入している図書館もあり、県立図書館においても新しい生活様式に対応した図書館運営をお願いしたい。

取組状況

 情報化が急速に進む現代社会において、その動向や状況に対応するよう図書資料等のデジタル化を推進していくことは重要なことと認識しています。また、このコロナ禍にあって非来館型のサービスの在り方も検討していくことも重要な課題であり、御指摘の電子書籍の導入については、必要な検討課題であると考えています。
 頂いた御意見も踏まえ、国や他県、市町村立図書館の動向も参考にしながら、県立図書館としての役割と機能を検討していきます。

  • 反映区分:B 実現に努力しているもの
  • 部局名:教育委員会事務局
  • 回答課名:岩手県立図書館
  • 回答担当名:総務・サービス担当
  • 回答電話番号:019-606-1730

受理年月日:2021年8月24日(電子メール)

受理方法:電子メール

意見提言内容

 子どもが欲しいと思っているが、奥州市での出産を考えると、近くにお産ができる病院がない。また、遠方の病院に通院するのは、雪道の運転などを考えると、危険も伴い不安である。
 安心して子どもを産めるような病院をつくってほしい。

取組状況

 お住まいの胆江地区をはじめ、全県的に産科の医師が不足している中、産科診療所についても、医師の高齢化の進行や後継者不足等により分娩の取扱いを断念せざるを得ない施設が増加しており、地域における産科診療体制を確保していくことは重要な課題と考えています。
 こうした中、県では、限られた医療資源の下で安心してお産ができるよう、市町村の枠を越えた広域での医療体制を整備しており、県南地域では、県立中部病院、県立磐井病院及び北上済生会病院を地域周産期母子医療センターに指定し、分娩リスクに応じた医療を提供しているところです。
 今後、地域で安心して妊娠・出産ができる産科医療の確保に向けて、引き続き奨学金による医師養成などにより産科医の確保に取り組むとともに、市町村と連携して、産科診療所の新規開設支援や産前産後ケアの充実などに取り組んでいきます。

  • 反映区分:B 実現に努力しているもの
  • 部局名:保健福祉部
  • 回答課名:医療政策室
  • 回答担当名:地域医療推進担当
  • 回答電話番号:019-629-5416

このページに関するお問い合わせ

政策企画部 広聴広報課 広聴広報担当(広聴)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5281 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。