いわて水産アカデミー

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008512  更新日 平成30年10月15日

印刷大きな文字で印刷

 岩手県では、漁業就業希望者を育成し、地域漁業をリードする将来の水産業の担い手として地域に定着させることを目的として、県漁業関係団体、県団体、各市町村の漁業就業者育成協議会等と連携し、平成31年4月9日に「いわて水産アカデミー」を開講しました。現在、7名の第1期研修生が岩手県での漁業就業を目指し、今後1年間、水産業についての幅広い知識や技術の習得に励んでいます。

第1回いわて水産アカデミー開講式(平成31年4月9日)

達増岩手県知事と第1期研修生との記念撮影写真

宣誓を行う第1期研修生代表

 平成31年4月9日、大船渡市の三陸公民館にて第1回いわて水産アカデミーの開講式が盛大に催されました。開講式では、達増 知事が主催者を代表して挨拶をされたほか、来賓の岩手県議会議長 佐々木 順一 様、岩手県漁業協同組合連合会代表理事会長 大井 誠治 様が第1期研修生に向けて祝辞を述べられました。また、研修生代表より、これからの研修生活や漁業就業に向けての想いが込められた、力強い宣誓がなされました。

第1期研修生に向けて激励の言葉を送る保 副知事

 開講式終了後、集合研修場所である北里大学三陸臨海教育研究センターに場所を移し、講義室にて研修オリエンテーションが行われました。途中、視察に来られた 保 副知事より、第1期研修生に向けて激励の言葉が送られました。

研究センター講義室での講義中の様子

 第1期研修生は4月26日までの集合研修において、各種講義やロープワーク、網縫い等、岩手県での漁業就業を行ううえで基礎となる知識・技術を学びます。

 5月以降は各研修生が定住を希望する市町村において、指導者の下、実際の漁業現場で実践研修を受けるとともに、隔月で研究センターに集合し、ICTや6次産業化等のより発展的な内容の講義を受講する予定です。 



 今後の研修の様子や集合研修の講義の日程、第2期生の募集等の情報については、随時当ページに掲載していきます。


PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 水産振興課 漁業調整担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5806 ファクス番号:019-629-5824
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。