あわび(いわてお国自慢)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1016282  更新日 平成31年4月1日

印刷大きな文字で印刷

いわてお国自慢のバナー


 このページでは、岩手県が日本一、日本初あるいは唯一無二であるなど、全国に誇るべき岩手のお国自慢をご紹介します。

今回は「アワビ」!

 日本一の生産量(平成28年)を誇る岩手のアワビ。他県産のアワビの多くが夏に旬を迎えるのに対して、岩手県に生息するエゾアワビは主に11月から12月にかけて漁獲されています。

  第1位 岩手県:全国シェア25.2%(286t)
  第2位 宮城県:全国シェア12.8%(145t)
  第3位 千葉県:全国シェア 8.7%(99t)

 コンブやワカメなどの海藻が豊富に生い茂る岩手県沿岸部で育ったアワビは、肉厚で歯応えが良いと高い評価を受けています。岩手県を含む三陸地域を中心に、アワビとウニをふんだんに使った「いちご煮」という伝統料理もあり、県民に親しまれています。
 また、沿岸北部の洋野(ひろの)町では、素潜りによるアワビ漁が行われています。素潜りというと女性が潜る海女さんのイメージが強いですが、冬場のアワビ漁は男性漁師が主に行っています。沿岸中南部では船上から箱メガネで海底を覗き、竿カギなどで引っ掛けるカギ採り漁が行われていますが、素潜りはアワビを傷付けず効率良く採ることができるのが特徴です。

画像:あわび
あわび

あわびの写真2


 この洋野町で「採鮑(さいほう)技能大会」というユニークなイベントが行われています。この大会は年度ごとのアワビの合計水揚げ量を競うもので、順位は相撲のように「番付」で発表されます。30年以上前から開催されているこの伝統的な大会で、5年連続横綱になっているのが、今回ご紹介する吹切秋則(ふっきりあきのり)さんです。
 「素潜りは寒くて大変ですが、頑張った分採れたときは嬉しい。たくさん採るためには、アワビが居そうな場所探しが重要」と素潜り漁について語る吹切さん。おすすめの食べ方は「バター焼きや、吸い物、炊き込みご飯などいろいろあるが、生食が一番旨い」とのこと。「父親が22年くらい連続で横綱になっているのでそれを超えるのが今後の目標」と話してくれました。

吹切さんの写真
(左)吹切秋則さん (注)写真は平成25年度のもの

 東日本大震災津波により、県内のアワビ資源も大きな被害を受けました。津波により多くのアワビ稚貝が流出するとともに、種苗生産施設も被害を受けるなど、漁獲量は震災前より少ない状態が続いています。このことから、県では種苗放流経費への支援などを行い、アワビ資源の回復を目指しています。アワビは漁業者の貴重な収入源でもあるため、県、市町村、漁業協同組合などが連携して守り育てています。
 この時期、県内の沿岸各地では、アワビをお得な価格で購入できるイベントが開催されます。
【鮭・あわびまつり[宮古市]、宿戸(しゅくのへ)ウニ直売会[洋野町]】
 イベントに足を運んでいただき、新鮮で美味しい岩手のアワビを味わってください。

豆知識

【アワビ(鮑)】

  • 11月から12月にかけて、波の穏やかな日に一斉に漁獲を行う「口開け」方式で漁獲されている。
  • アワビ資源を保護するため、9cm以下のアワビは漁獲しないよう決められている。
  • 生食だけでなく、中華料理に欠かせない干鮑として中国や香港で最高級品として取引されている。
  • アワビ入りカレー缶詰という珍しい加工品も販売されている[重茂(おもえ)漁協販売]。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 広聴広報課 広聴広報担当(広報)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5283 ファクス番号:019-651-4865
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。