県内初の津波避難路が完成しました。

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008420  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

釜石市唐丹町小白浜地区の津波避難階段が完成しました。

図:小白浜避難路

  • 釜石市唐丹町小白浜の治山施工地付近は、急峻な地形であったことから津波等が発生した際、大きく迂回し避難しなければならない状況でした。
  • 東日本大震災津波により、唐丹漁港の作業場に近接する釜石ヒカリフーズ株式会社の裏山が崩壊し、山を駆け上り避難することができなくなっていました。
  • そこで、東日本大震災津波以降新たにメニュー化された、治山事業による避難路整備を県内で初めて施工し、この度完成しました。
  • この津波避難階段の完成により、津波が発生した場合、付近で働く方々が短時間に高台への避難が可能となりました。
  • なお、この津波避難路は設計から完成まで、富山県からの派遣職員4名のリレーにより完成したものです。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 森林保全課 保全・治山林道担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5800 ファクス番号:019-629-5789
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。