認知症介護実践者研修等を修了したことを証明する書面の交付手続について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003655  更新日 平成31年4月1日

印刷大きな文字で印刷

岩手県が実施した認知症介護実践者研修等を修了された方が、研修を修了したことを証明する書面の交付を受ける場合の手続についてお知らせします。

対象となる研修

岩手県がこれまでに実施した下記の研修が対象です。
旧制度により実施した「痴呆介護実務者研修」を含みます。

  1. 認知症介護実践者研修
  2. 認知症介護実践リーダー研修
  3. 認知症介護サービス事業開設者研修
  4. 認知症対応型サービス事業管理者研修
  5. 小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修

手続の流れ

別紙「証明願」に必要事項を記載し、岩手県収入証紙(400円分)を添えて、下記の提出先まで持参又は郵送してください。
研修修了時から氏名に変更があった場合は、その事実が確認できる書類(戸籍謄本、裏書きのある運転免許証等)を添付してください。添付書類は、持参する場合は原本を提示し、郵送の場合は写しを添付してください。

 

提出先・問い合わせ先

〒020-8570 盛岡市内丸10番1号
岩手県保健福祉部長寿社会課 高齢福祉担当
電話:019-629-5432
ファクス:019-629-5439

その他

「証明願」の記載事項のうち、修了した研修の名称、修了年月日、番号等の詳細が不明なときは、上記の問い合わせ先までお申し出ください。

添付ファイル

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 長寿社会課 高齢福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5432 ファクス番号:019-629-5439
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。