バス路線の維持・確保について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005398  更新日 平成31年3月4日

印刷大きな文字で印刷

1 県による補助制度の概要

 地域住民の生活の足である路線バスを維持するために、下記のような補助を実施しています。

補助名

内容

バス運行対策費補助
  • 広域的・幹線的路線の維持経費及び車両購入経費に対する事業者への補助(国との協調補助)
  • 補助率:国2分の1、県2分の1
地域バス交通支援事業費補助
  • 市町村が広域生活路線の運行事業者に対して運行欠損額を補助する場合の経費の一部を補助
  • 補助率 2分の1
  • 補助対象経費の上限は450万円
地域公共交通活性化推進事業費補助
  • 市町村が、人口減少・高齢化社会に対応した持続的な地域公共交通ネットワークの構築に向け、(1)地域公共交通体系の再編及び(2)地域公共交通の利用促進に係る事業を行う場合に要する経費に対し補助
  • 補助率 2分の1
  • 補助限度額は1市町村当たり500万円で、最大3ヵ年程度の実施が可能
  • 対象経費
  1. 地域公共交通体系の再編
    • (1)地域公共交通体系の再編に係る計画の策定に要する経費
    • (2)域住民を対象としたワークショップ、説明会等の開催に要する経費
    • (3)地域公共交通体系の再編に伴う新たな乗合システム等の導入に要する経費
    • (4)地域公共交通体系の再編に伴い実証運行を行う場合に要する経費
  2. 地域公共交通の利用促進
    • (1)モビリティマネジメントの実施に要する経費
    • (2)ワークショップ、シンポジウム等の開催に要する経費
    • (3)公共交通の利用環境の改善に要する経費

2 バスの運転者不足について

 路線バス事業者においては、全国的に、厳しい経営状況、大型二種免許取得者の減少、運転手の高齢化に伴う退職者の増加などを背景として、運転手の要員不足が深刻な問題となっています。

 本県でも、地域の要望に応じた運行回数増への対応が困難となっている路線があるほか、今後は、運行回数の削減や路線の休廃止が生じる可能性も否定できません。

 国においては有識者や関係団体で構成される検討会(バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会)を立ち上げ、その対策について検討の上、報告を取りまとめたところであり、その概要を別添のとおり紹介します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 交通政策室 地域交通担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5206 ファクス番号:019-629-5219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。