研修会・講習会のご案内

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015903  更新日 令和1年8月5日

印刷大きな文字で印刷

令和元年度公開講座2

家族を亡くした悲しみを抱えるあなたに伝えたいこと

  1. 目的 大切な家族を亡くした後に、つらい悲しい気持ちがしばらく続くことは一般的な反応ですが、時には嘆き悲しむ気持ちが長い期間激しく続くことがあります。落ち込んだ気分が続き、亡くなった事実を受け入れることができない等の状態が続くと、心身に大きな影響が生じ、専門的なサポートが必要になることがあり、その状態を「複雑性悲嘆」といいます。
    本公開講座は家族との死別(喪失)による悲嘆、複雑性悲嘆について理解を深めることを目的に開催します。併せて、複雑性悲嘆に関連した問題についての相談支援窓口の周知の機会とします。
  2. 日時 令和元年8月17日(土曜日)午後1時から午後4時30分まで(受付 午後0時30分から)
  3. 場所 岩手県福祉総合相談センター 4階 大会議室(盛岡市本町通3-19-1)
  4. 公開講座 対象:大切なご家族を亡くされたかた、悲嘆のケアに関心のある一般のかた、精神保健医療福祉等関係者
     講演「大切なご家族を亡くした後の長引く悲嘆からの回復」
     講師 武蔵野大学 人間科学部人間科学科 教授 中島聡美 先生
  5. こころサロンエナジー (大切なご家族を亡くした後の悲嘆の回復をサポートするプログラム)
    対象:ご家族を亡くされ、強い悲しみが一年以上続いているかた

    プログラム詳細は、別紙開催要領をご覧ください。
  6. 申し込み方法 令和元年8月13日(火曜日)までにお申し込みください。
    (1)精神保健医療福祉等関係者は、申込書によりファクスでお申し込みください。
    (2)遺族および一般の方は、申込書により電話・ファクスでお申込みください。
  7. 申込み・お問い合わせ先 岩手県精神保健福祉センター
    電話番号019-629-9617 ファクス番号019-629-9603

若年層の自殺予防研修

  1. 目的 自殺は若年層(39歳まで)の死因において上位であり、特に15歳から39歳では死因の一位です。また、近年20歳未満を除くすべての年代・性別で自殺死亡率が低下していますが、20歳未満の自殺死亡率のみ横ばいに推移しています。若年層と関わる支援者や教職員が、若年層の自殺予防に関する知識を持つことは、若年層の自殺予防に資するものと考えられます。
     本研修では、若年層の自殺予防に必要な知識について理解し、援助法を習得する機会を提供します。
  2. 日時 令和元年8月30日(金曜日)午後1時から4時まで(受付 午後0時30分開始)
  3. 場所 いわて県民情報交流センター アイーナ 会議室501
  4. 対象 若年層の支援を行う保健医療福祉関係職員、教諭、保健主事、養護教諭、スクールカウンセラー等
  5. 内容 (1)講義「若年者のメンタルヘルスと支援者のあり方(仮題)」
       (2)演習「対応の実際を学ぶ(仮題)」
    講師、助言者: 岩手県精神保健福祉センター 所長 小泉 範高
  6. 受講申込 申込書により8月23日(金曜日)までにファクスによりお申込み願います。申し込みは先着順で受付とさせていただきます。(定員80名)
  7. お問い合わせ先 岩手県精神保健福祉センター 
    電話019-629-9617  ファクス019-629-9603

グループ・集団精神療法基礎研修会

  1. 目的 地域の精神保健福祉に携わる支援者が、グループ・集団精神療法の基礎を学ぶとともに、演習を通じて具体的な支援技術の向上を図ることにより、グループによる支援を実践できる人材を育成することを目的とします。
  2. 日時 令和元年8月28日(水曜日)午前10時30分から午後4時まで(受付 午前10時開始)
  3. 場所 岩手県福祉総合相談センター 4階 大会議室
  4. 対象 当事者または家族グループの支援をしているかた、これからグループによる支援の実践を考えているかた
  5. 内容 (1)講義「グループの活用で、こころの癒しと成長をサポートする」
       (2)演習「グループの葛藤と対処 困った状況、迷った対応を振り返る」
    講師、助言者: 北星学園大学 社会福祉学部 教授 田辺 等 先生
  6. 受講申込 申込書により8月19日(月曜日)までにファクスまたは郵送によりお申込み願います。
  7. お問い合わせ先 岩手県精神保健福祉センター 
    電話019-629-9617  ファクス019-629-9603

ひきこもり公開講座・支援者研修会

ひきこもり支援とオープンダイアローグ

(注)支援者研修会の受講受付は、定員に達した為、締め切りました。

  1. 目的 ひきこもり問題は、その背景に様々な要因(生物的要因、心理的要因、社会的要因等)が複雑に絡み合っていることから、支援については長期的な見通しを持ち、段階に応じて展開していく必要があり、医療、保健、福祉、教育等多分野が柔軟に関わり、地域全体で支援する必要があります。
     本研修では、当事者や家族を含む一般県民に対して普及活動を行い、ひきこもりについての理解を深めるとともに、地域のひきこもり相談支援関係機関の連携を促進し、地域における包括的な支援を展開するための機会とします。併せて、ひきこもり相談支援における指導者を育成することを目的とします。
  2. 日時 令和元年8月10日(土曜日) (1)公開講座:午前10時30分から午後0時10分まで(受付 午前10時から) (2)支援者研修会:午後1時15分から3時20分まで
  3. 場所 産業会館 大ホール(盛岡市大通1-2-1)
  4. 公開講座 対象:一般県民(当事者及び家族を含む)、相談支援に携わる関係者(定員200名)
     講義「ひきこもり支援とオープンダイアローグ(仮題)」
       講師 筑波大学医学医療系 社会精神保健学 教授 斎藤環 先生
  5. 支援者研修会 対象:ひきこもり相談支援に携わる医療機関、教育機関、行政機関、民間相談機関等の職員(定員80名)
     講義「オープンダイアローグをひきこもり支援に活かすために(仮題)」
     事例検討・演習
       講師、助言者 筑波大学医学医療系 社会精神保健学 教授 斎藤環 先生

    詳細は、別紙開催要領をご覧ください。
  6. 申し込み方法 令和元年8月2日(金曜日)までにお申し込みください。
    (注)支援者研修会の受講受付は、定員に達した為、締め切りました。
    (1)一般県民の公開講座参加は、電話でお申し込みください。
    (2)支援者は、申込書によりファクスでお申込みください。
    (注)受付は先着順とします。申込みが早期に定員に達した場合は、参加をお断りする可能性がありますので、予めご了承ください。
  7. 申込み・お問い合わせ先 岩手県精神保健福祉センター(岩手県ひきこもり支援センター)
    電話019-629-9617 ファクス019-629-9603

令和元年度自死遺族交流会公開講座

自死で家族を亡くしたあなたに伝えたいこと

  1. 目的 大切な家族を失った際、遺された人は、生きていくことが難しいと感じるほどの深い悲しみを抱えることがあります。自死遺族の場合には、そうした悲しみや苦しさを周囲の人に話すことが難しく、心理的・社会的に孤立してしまうことも少なくありません。
    この集いでは、自死が遺族にもたらす影響をふまえ、大切な人を亡くした悲しみ(悲嘆)やケアについて学びます。また、岩手県内に自死遺族の交流の場や相談支援窓口があることを多くのかたに知っていただくとともに、ご遺族の声や支えている方の声を聴き、私たちにできることを考えていきます。
  2. 日時 令和元年7月15日(月曜日)午後1時から午後4時30分まで(受付 午後0時30分から)
  3. 場所 大通会館リリオ3階 イベントホール(盛岡市大通1-11-8)
  4. 公開講座 対象:自死遺族支援に関心のある一般県民、自死遺族、精神保健医療福祉等関係者
     講演「家族を自死で亡くしたあなたに 悲嘆とケア」(仮題)
     講師 防衛医科大学校 精神科医師 黒澤美枝 先生
  5. 自死遺族交流会(わかちあい) 対象:自死遺族のかたのみ
     助言 防衛医科大学校 精神科医師 黒澤美枝 先生

    プログラム詳細は、別紙開催要領をご覧ください。
  6. 申し込み方法 令和元年7月8日(月曜日)までにお申し込みください。
    (1)精神保健医療福祉等関係者は、申込書によりファクス・メールでお申し込みください。
    (2)自死遺族および一般の方は、電話または申込書によりファクスでお申込みください。
  7. 申込み・お問い合わせ先 岩手県精神保健福祉センター
    電話番号019-629-9617 ファクス番号019-629-9603

令和元年度岩手県精神保健福祉センター地域支援ネットワーク予定表(研修会・事例検討会計画)

精神保健福祉センターが行う、令和元年度の研修会・事例検討会の開催スケジュールにつきましては、添付ファイルをご覧ください。

催事予定

当センターで主催する研修・教室、支援している集い、関連行事の予定は下記をご覧ください。

令和元年8月

  • 2日(金曜日)岩手県精神医療審査会
  • 3日(土曜日)りんどうの会(自死遺族交流会)
  • 6日(火曜日)小さな集まり
  • 8日(木曜日)ほほえみの会、うつ病家族教室
  • 10日(土曜日)ひきこもり公開講座・支援者研修会
  • 17日(土曜日)悲嘆公開講座・こころサロンエナジー
  • 20日(火曜日)小さな集まり、自立支援医療審査会
  • 22日(木曜日)ほほえみの会、依存症家族教室、岩手県精神医療審査会
  • 27日(火曜日)小さな集まり
  • 28日(水曜日)グループ・集団精神療法基礎研修
  • 29日(木曜日)ほほえみの会
  • 30日(金曜日)若年層の自殺予防研修

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県精神保健福祉センター
〒020-0015 岩手県盛岡市本町通3-19-1
電話番号:019-629-9617 ファクス番号:019-629-9603
メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。