農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007590  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

 農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)は、認定農業者の方々が、農業経営改善計画に即して規模拡大その他の経営改善を図る場合に必要な長期低利資金を日本公庫が融通する制度です。

1 貸付対象者

認定農業者
 認定農業者とは、農業経営基盤強化促進法に規定する農業経営改善計画を作成して市町村長の認定を受けた者をいいます。

2 貸付条件

  1. 資金の使途
    農業経営改善計画の達成に必要な長期資金全般
    • 農地等の取得
    • 農地等の改良等
    • 農業経営用施設・機械等の改良、造成、取得
    • 農産物の加工処理・流通販売施設・観光農業施設等の改良、造成、取得
    • 借地権、機械等の利用権その他の無形固定資産の取得等
    • 家畜・果樹等の導入、農地賃借料の支払いその他農業経営の改善を図るのに必要な長期資金
    • 農業経営の改善の前提としての経営の安定に必要な長期資金
  2.  借入限度額
    • 個人  3億円(複数部門経営等は6億円)
    • 法人 10億円(常時従事者数に応じ20億円)
  3. 借入金利
    「最新の貸付利率」を参照
  4. 償還期限
    25年以内(うち据置期間10年以内)
  5. その他
    「人・農地プラン」に地域の中心となる経営体等として位置付けられた認定農業者が借り入れる本資金(負債整理等長期資金は除く)については、公益財団法人農林水産長期金融協会からの利子助成(最大2%)により、貸付当初5年間実質無利子での融資を受けることができます。

3 取扱融資機関

日本政策金融公庫

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 団体指導課 金融共済担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5699 ファクス番号:019-629-5704
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。