懲戒処分等の標準処分例の一部改正について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1006517  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

岩手県教育委員会では、依然として不祥事が絶えず、かつ、事案が多様化し、悪質化している状況であることを踏まえ、特に悪質と認められるものについては厳しい処分とすることを明記し、本県や他の都道府県において多数発生している非違行為については標準的な処分の量定を明記すること等により、教職員に対して注意喚起し、不祥事を未然に防止することを目的として、別紙のとおり懲戒処分等の標準処分例を一部改正しましたので、お知らせします。
なお、改正後の懲戒処分等の標準処分例については、平成23年12月1日以後に発生した事案について、適用します。

懲戒処分等の標準処分例は、職員による非違行為の代表事例及びそれぞれの事例における標準的な処分量定をまとめたものです。

このページに関するお問い合わせ

岩手県教育委員会事務局 教職員課 組織人事担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6133(内線番号:6133) ファクス番号:019-629-6134
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。