新型コロナウイルスワクチン接種のメリットとデメリット

ページ番号1056086  更新日 令和4年8月10日

印刷大きな文字で印刷

ワクチン接種のメリットとデメリット

ワクチン接種推奨

ワクチン接種のメリット

  • あなたの健康や、友人・家族を守ることができます。
  • 安全で安心感のある生活を取り戻すことができます。
  • 多くの方の接種により、重症者や死亡者を減らし医療機関の負担を減らすことができます。
  • 変異ウイルスが誕生する確率を減らすことができます。

ワクチン接種のデメリット (1)接種後の副反応

新型コロナワクチンは、非常に高い効果があります。一方で、接種後に体内に免疫ができる過程で、接種部位の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢等の症状があります。

若い方の方が、高齢の方より頻度が高い傾向にあるようですが、ほとんどが2~3日以内に回復しています。

接種後、数日以内に現れる可能性のある症状(出典:厚生労働省ホームページ)

副反応の症状

ワクチン接種のデメリット (2)ワクチン接種後の心筋炎・心膜炎【接種の検討】

新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。感染症による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。

新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことが確認されており、接種がすすめられています。

しかしながら、ワクチン接種は、あくまでご本人の意思に基づき受けていただくものですので、ご本人が納得したうえで、接種をご判断ください。

ワクチン接種のデメリット (2)ワクチン接種後の心筋炎・心膜炎【ワクチンの選択】

厚生労働省によると、10代・20代の男性では、武田/モデルナ社ワクチンより、ファイザー社ワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低く、ほとんどが軽症で経過したことが報告されています。

10代・20代の男性は、武田/モデルナ社のワクチンを予約中の方も、武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、ファイザー社ワクチンでの接種を受けられます。

心筋炎が疑われた頻度の表

10代・20代の男性は、武田/モデルナ社のワクチンを予約中の方も、武田/モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、ファイザー社ワクチンでの接種を受けられます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 ワクチン接種担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837