「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等、LIFEと介護ソフト間におけるCSV連携の標準仕様について

ページ番号1038138  更新日 令和3年3月23日

印刷大きな文字で印刷

「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について

 厚生労働省がこれまで運用してきた「通所・訪問リハビリテーションデータ収集システム」(VISIT)と「高齢者の状態やケアの内容等データ収集システム」(CHASE)について、令和3年4月1日から「科学的介護情報システム」(LIFE)として一体的に運用されることになりました。

 また、LIFEを用いた厚生労働省へのデータ提出とフィードバックを活用したPDCAサイクルによるケアの質の向上を推進するため、令和3年度介護報酬改定において、LIFEの活用を算定要件に含む加算が新設されることになりました。

 厚生労働省からの事務連絡やLIFEの利用申請等については、次のとおりです。

 

注)次の添付ファイルのうち、令和3年2月19日付け厚生労働省老健局老人保健課事務連絡「「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について」については、令和3年3月11日に訂正後のものに差し替えを行っています。

【令和3年3月11日更新】「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について(その2)

 令和3年3月10日付けで厚生労働省老健局老人保健課から、標記の事務連絡が発出されました。

科学的介護情報システム(LIFE)と介護ソフト間におけるCSV連携の標準仕様について

 データ提出に当たっては、介護ソフトに入力したデータをLIFEに連携する機能等を備えることにより、LIFEへデータを再入力する負担が生じないようにする仕組みづくりが進められています。

【令和3年3月23日更新】科学的介護情報システム(LIFE)と介護ソフト間におけるCSV連携の標準仕様について(その2)

 令和3年3月18日付けで厚生労働省老健局老人保健課から、標記の事務連絡が発出されました。

LIFEに係る問い合わせについて

新規申請に係る質問について

利用申請ヘルプデスク

電話番号:042-340-8819(平日10時~16時まで。令和3年4月以降は、別番号に変更予定。)

Eメール:chase@toshiba-sol.co.jp

 

新規申請を含む全ての質問について(可能な限り、下記のEメールを御利用ください。)

CHASEヘルプデスク

Eメール:chase@toshiba-sol.co.jp

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 長寿社会課 介護福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5435 ファクス番号:019-629-5439
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。