新たな加工食品の原料原産地表示制度説明会の開催結果について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004532  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

新たな加工食品の原料原産地表示制度説明会を開催しました。

1 目的

 平成29年9月1日から施行された加工食品の原料原産地表示制度について、正しい知識の普及を図り、事業者の適正表示、消費者の食品表示の有効活用等を促すことにより、食品に関する信頼の向上と県民理解の増進に資するため、研修会を開催したものです。

2 主催

岩手県、盛岡市

3 対象者

県民、食品関連事業者、消費者、行政関係者等

4 開催日時及び会場

平成29年12月13日(水曜) 13時30分から16時00分まで
キャラホール 大ホール(盛岡市永井24-10-1)

5 内容

  1. 講演
    「新たな加工食品の原料原産地表示制度について」
    消費者庁食品表示企画課 衛生調査官 川口貢氏
  2. 意見交換・質疑

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5322 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。