油流出事故防止のお願い

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015382  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

油流出を発見したらすぐに消防署・警察署・市町村又は県の機関に連絡を!

 毎年、事業所や一般家庭のホームタンクから灯油や重油などが漏れ出して、河川や用水路に流出する事故が発生しています。その原因の多くは、人的ミスによるものです。
 平成29年度は、県内で油流出事故が58件発生し、約54パーセントにあたる31件が管理不備・操作ミスが原因となっています。
 岩手県企業局では、油流出事故を原因とする工業用水の給水停止を過去に3回経験しており、工業用水受水企業は、その都度大きな被害を被ってきました。
 河川が油汚染されますと、工業用水、上水道等の取水ができなくなり、工業団地などの生産活動や市民生活に影響するおそれがあります。このようなことを防ぐため、企業局では油流出事故防止の啓発活動に取り組んでいます。
 油流出を発見したらすぐに消防署、警察署、市町村又は県の機関に連絡をお願いします。
 なお、油流出事故が発生した場合は、処理費用は原因者が負担することとなり、工業用水、上水道等へ被害が及んだ場合には、多額の賠償が発生することもあります。

1 その場を離れない・目を離さない

 ホームタンクなどから灯油を小分けする時は、絶対にその場を離れないようにしましょう。

2 屋根からの落雪や除雪時に注意

 屋根からの落雪や除雪作業では、ホームタンクや給油管が破裂していないか注意しましょう。

3 配管の場所には目印を

 配管の破裂を防ぐために雪囲いをしたり、配管の場所が雪でわからなくならないように目印を立てておきましょう。

4 定期点検を怠らない

 配管やホームタンクの定期点検に努めましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企業局 業務課 事業担当
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6387 ファクス番号:019-629-6404
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。