パスポート申請への住民基本台帳ネットシステムの利用について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012222  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

パスポート申請に住民票の写しの提出が不要となりました。

平成15年4月1日から、岩手県内の旅券窓口でパスポートの申請をする際には、原則、住民票の写しの提出が不要になりました。

これは、これまで住民票の写しで行ってきた申請者の本人確認を、4月1日以降は「住民基本台帳ネットワークシステム」(以下「住基ネット」と表記します。)により行うことが可能となるからです。
ただし、居所申請・緊急発給の場合は、住民票の写しの提出が必要になりますので、事前に窓口までお問い合わせください。

居所申請について

岩手県でのパスポート申請に利用可能な住基ネットのデータは、岩手県内の市町村に住民登録されているかたのデータに限られます。
したがって、岩手県内に住民登録されていないかたが、特別な事情により、岩手県でパスポートを申請する場合には、住基ネットを利用することができませんので、今までどおり住民票の写しを提出していただく必要があります。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 国際室 旅券担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-606-1720 ファクス番号:019-606-1721
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。