平成25年5月から6月の少雨における畑地かんがい効果事例

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008709  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

平成25年5月から6月の記録的な少雨の気象条件の中、かんがい施設を整備した畑地においては、かん水により定植後の枯死や初期生育の遅延を回避し順調な生育を確保した事例が報告されております。

詳細は別添「平成25年5月から6月の少雨における畑地かんがい効果事例」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農村計画課 企画・営農・調査担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5666 ファクス番号:019-629-5679
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。