環境保全型農業直接支援対策について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007681  更新日 令和2年3月30日

印刷大きな文字で印刷

岩手県では環境保全型農業直接支援対策により、農業において「地球温暖化防止」と「生物多様性保全」に取り組む農業者を支援します。

環境保全型農業直接支援対策の概要

化学肥料、化学合成農薬の5割低減の取組とセットで、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動に取り組む場合に支援を行います。

詳細は、添付ファイルをご覧ください。

地域特認取組について

岩手県では添付ファイルの取組を「特認取組」として設定しました。
原則5割低減の取組と組み合わせた場合、支援対象となります。

環境保全型農業直接支払交付金における有機農業の支援対象作物について

本県の環境保全型農業直接支払交付金における有機農業の支援対象作物は添付ファイルのとおりです。

環境保全型農業直接支払交付金用の栽培基準について

本交付金の取組において、「化学肥料・化学合成農薬の5割以上の低減」の基準となる慣行レベルについては、「特別栽培農産物にかかる表示ガイドラインに基づく慣行レベル」(下記リンク参照)のほか、以下のとおり設定しています。

環境保全型農業直接支払交付金評価報告書について

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農業普及技術課 技術環境担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5656 ファクス番号:019-629-5664
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。