性別による固定的な役割分担意識をなくそう いわて宣言

ページ番号1038052  更新日 令和3年3月2日

印刷大きな文字で印刷

 国土交通省が公表した「企業等の東京一極集中に関する懇談会とりまとめ」によると、考えられる東京一極集中の要因の一つとして、東京圏以外の出身地から東京圏に流入した女性は、それ以外の女性に比べて、「地元には『夫は外で働き、妻は家庭を守るべき』という意識を持っている人が多い」と考えている人の割合が高いことが指摘されています。

 

 これを踏まえて、女性の活躍推進に向けた取組を進めている「いわて女性の活躍促進連携会議」では、「いわてで働こう推進協議会」との連名で、「性別による固定的な役割分担意識をなくそう いわて宣言」を行いました。

 今回の宣言は、性別による固定的な役割分担意識をなくそうということを官民連携組織として先行的に宣言することで、岩手ではこのことについて問題意識が高く、それをなくそうとする方向に努力していることを示し、「住みたい、働きたい、帰りたい」と思える岩手になることを期待して行うものです。

 

 

 

性別による固定的な役割分担意識をなくそう いわて宣言

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 若者女性協働推進室 女性活躍支援担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5346 ファクス番号:019-629-5354
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。