12月1日は世界エイズデーです

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003189  更新日 令和3年11月18日

印刷大きな文字で印刷

知ってる!?HIVとエイズの違い


12月1日は世界エイズデー

 毎年12月1日は「世界エイズデー」です。

 1988年にWHO(世界保健機関)が12月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱しました。その後1996年からUNAIDS(国連合同エイズ計画)もこの活動を継承しています。日本でもその趣旨に賛同し、エイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進し、エイズまん延防止及び患者・感染者に対する差別・偏見の解消等を図ることを目的として実施しています。
 わが国では、毎年約1,000人を超えるHIV感染者またはエイズ患者が新たに報告されています。

 従来、エイズには有効な治療法がなく、免疫力が低下し、様々な病気を発症して死に至る病気とされてきました。
 しかし、近年は治療法も開発され、適切な治療を続けることにより、感染前と変わらない生活を送ることが可能になっています。

 大切なのはHIVの感染を早期に発見し、エイズの症状を発症する前に、適切な治療を受けることです。

 ぜひこの機会に検査を受けてみませんか。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5417 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。