北東北のグランドデザイン(最終報告)について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011814  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

北東北広域政策推進会議(北東北三県企画担当課長等で構成)では、第7回北海道・北東北知事 サミットの合意事項に基づき、『北東北のグランドデザイン』をとりまとめ、第9回北海道・北東北知事サミットにおいて報告しました。

策定の趣旨

青森、岩手、秋田の三県からなる「北東北」は、互いに隣接しているとともに、日本の中で、特にその四季の移り変わりの明瞭さ、美しい豊かな自然環境とそれが育む風土、縄文時代や中世に繁栄した独自の歴史・文化、農林水産業を主体とした産業構造、北海道と南東北との中間に位置する立地性など、多くの共通する地域特性を有しています。

北東北三県は、このような地域特性を踏まえ、共通する政策課題に取り組むため、平成9年度から知事サミットを開催し、その合意事項を中心にこれまで100を超える連携事業を実施してきました。

また、行政のみならず、NPOや各種団体など多様な主体が、交流・連携を通じて、元気のある地域づくりを進めるために、北東北三県は、平成11年10月に、「北東北広域連携構想」(以下「連携構想」という。)を策定しました。

しかしながら、連携構想策定の後、国・地方を通じた財政状況の悪化、いわゆる三位一体改革の取組み、市町村合併の進展、道州制議論の本格化などの地方分権を取り巻く様々な動き、そして、中国・インドなどアジア諸国における巨大市場の発展に見られる経済のグローバル化の進展など、国内外の社会経済状況は大きなうねりを呈してきています。

北東北のグランドデザインは、このような連携構想策定後の社会経済状況の変化を踏まえ、今一度、現在に展望の視座を据えて、北東北の抱える地域資源と課題を明らかにし、今後目指すべき将来像を掲げ、その実現に向けた取組み例を示したものです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部 政策企画課 分権推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5214 ファクス番号:019-629-6229
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。