地域連携道路整備事業 一般国道396号 内楽木峠地区

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013914  更新日 令和2年2月20日

印刷大きな文字で印刷

計画概要

 一般国道396号は遠野市を起点とし盛岡市にいたる幹線道路であり、高規格幹線道路と一体的に機能する広域的な幹線道路網を定めた「岩手県広域道路整備基本計画」において、地域形成型広域道路に位置づけられ、緊急輸送道路にも指定されています。

 また、「岩手県広域防災拠点配置計画」で選定されている広域支援拠点(盛岡市)から沿岸南部へのアクセス道路であり、東日本大震災では避難路・物資の輸送路としての役割を担い、「岩手県東日本大震災津波復興実施計画」において、復興支援道路にも位置づけられている重要路線です。

 しかし、内楽木峠付近では急カーブが連続しており、視距も悪いことから、安全で円滑な交通の支障となっています。

 このため本事業により、急カーブ区間の線形改良を行い、安全で円滑な交通を確保するとともに、災害に強く信頼性の高いネットワークの構築、地域間交流を図るものです。

 令和元年に、事業用地について、関係者の方からご理解いただき、令和2年3月から工事着手の予定となっております。

【道路諸元】

工区名 一般国道396号 内楽木峠工区
区間 起点 遠野市宮守町下宮守
区間 終点 遠野市宮守町下宮守
延長 973m
車線数 2車線
道路規格 第3種第3級
設計速度 50km/h

整備効果

【ネットワークの整備】

  • 隘路区間の解消により幹線道路機能の強化、及び高規格幹線道路へのアクセス性の向上

    東北横断自動車釜石秋田線の全線開通 平成31年3月9日

  • 災害に強い道路整備が図られ、災害による通行規制に対する不安が解消
  • 災害発生時の災害応急活動を迅速かつ効率的に実施するための緊急輸送道路の機能確保

【交通安全の向上】

  • 平面線形の改良を行い、安全で円滑な交通機能を確保
  • 冬期間の安全性も向上し、年間を通した安全な道路を確保

カーブの緩和の画像

進捗状況

進捗率グラフ

位置図

工事箇所の位置図

工事の状況

工事状況写真1
急カーブ区間

工事状況写真2

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局土木部遠野土木センター 工務課 道路整備チーム
〒028-0525 岩手県遠野市六日町1-22
電話番号:0198-68-3573 ファクス番号:0198-63-1088
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。