ダムの発電効果

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009972  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

県土整備部が管理しているダムのうち、滝、入畑、早池峰、綱取、鷹生、日向ダムの6つのダムで水力発電を行っています。

この電気は、ダムの管理のために利用しているほか、東北電力を通じて各家庭にも供給されています。

ダムによる水力発電は、石油などを燃料とした火力発電などと比べ、CO2排出量が非常に少なく、地球に優しい発電方法です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 河川課 流域治水担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5905 ファクス番号:019-629-5909
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。