原木しいたけ等の放射性物質影響対策の取組

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1045619  更新日 令和3年8月20日

印刷大きな文字で印刷

大船渡農林振興センターでは、特用林産物の放射能影響対策に取り組んでいます。

生産再開に向けた取組

1  しいたけ・なめこ
  (1)出荷制限解除に向けた取組

     生産再開の意向を示す生産者には、栽培管理チェックシートに則った栽培管理など出荷制限指示解除に向

      けた指導を行うとともに、適切な栽培管理のもと生産された生産物について、出荷制限解除検査を実施する

      など、出荷制限指示解除に向けた支援を実施しています。

  (2)出荷制限解除後の支援

   ア  出荷制限解除生産者には、放射線物質濃度低減のための栽培管理の技術指導を実施しています。

     イ  適切な栽培管理のもと生産された生産物について、出荷前検査を実施するなど、安全・安心な生産物の

   流通を支援しています。

   ウ  原木価格の高騰に対応するため、特用林産施設等体制整備事業(国庫補助)による、原木等生産資材の

         整備を支援しています。

2  タケノコ
  陸前高田市のタケノコについて、出荷制限が解除されていない地区(旧横田村、旧矢作村)では、まだ放射

 性物質濃度の低減がみられないため、横田地区に施肥試験地(カリウム 肥料散布試験)を設定し濃度を調査す

 るなど、放射性物質濃度を低減させる取組を実施しています。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局農林部大船渡農林振興センター  林業振興課 林業振興グループ
〒022-8502 岩手県大船渡市猪川町字前田6-1
電話番号:0192-27-9925(内線番号:223) ファクス番号:0192-27-8543
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。