クロマグロの遊漁について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008521  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

太平洋クロマグロは、近年、資源が悪い状態が続いており、水産庁の指導のもと、本県の漁業者も含め全国の漁業者がクロマグロ小型魚(30kg未満)の厳しい資源管理に取り組んでおります。

このような中、水産庁より「遊漁におけるクロマグロの資源管理は、漁業者の操業自粛に歩調を合わせていくこととする」旨の方針が示されました。つきましては、遊漁者・遊漁船業者の皆様も、クロマグロ資源を守るため、30kg未満の小型魚が釣れた場合には再放流等にご協力お願いします。

具体的な内容につきましては、別添リーフレット及び水産庁ホームページ「遊漁の部屋」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 水産振興課 漁業調整担当(漁業許可、資源管理、担い手)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5806 ファクス番号:019-629-5824
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。