本県における豚熱の対応状況について(他県での発生)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1049053  更新日 令和4年1月24日

印刷大きな文字で印刷

宮城県において、豚熱の患畜が確認されたことに伴う、本県における対応状況についてお知らせします。

令和4年1月24日(第3報)

本県における防疫措置

 本県の対象農場における飼養豚の検査により、農場の清浄性が確認され、1月24日(月曜)17時をもって防疫措置が完了し、移動制限を解除しました。

岩手県告示

家畜伝染病のまん延防止のための家畜、区域等の指定は、廃止しました。

令和3年12月27日(第2報)

本県における防疫措置

 当該精液を授精した繁殖用雌豚の殺処分を12月26日(日曜)午前2時に終了し、埋却を同日午後6時12分に終了しました。

当該農場は今後28日間、定期的に消毒を実施するとともに、飼養豚に豚熱の症状がないか確認します。

令和3年12月25日(第1報)

 宮城県の発生農場から本県盛岡市の1養豚農場への精液の移動及び当該精液を授精した繁殖用雌豚を確認。その豚が疑似患畜となることから、県は、岩手県危機管理対応方針に基づき、豚熱対策本部(本部長 知事)を午後7時00分に設置しました。

第1回対策本部会議

 12月25日(土曜)午後8時に開催

本県における防疫措置

 当該農場の飼養豚等の移動を制限します。当該精液を授精した繁殖用雌豚の殺処分と埋却を実施します。

 本県は全ての養豚農場で豚熱ワクチン接種を実施していることから、当該農場の周辺地域に豚等の移動を制限する区域は設定しません。

 なお、本県において死亡豚の増加などの異常は確認されていません。

岩手県告示

 家畜伝染病のまん延防止のための家畜、区域等の指定等について、告示しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 畜産課 振興・衛生担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5721 ファクス番号:019-623-0201
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。