豚流行性下痢(PED)の発生状況について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007751  更新日 平成30年11月22日

印刷大きな文字で印刷

発生の概要

本病は、平成25年10月に国内で7年ぶりに発生し、全国多数の養豚場で発生しました。全国的な発生のピーク(平成26年4月)は過ぎましたが、国内での発生は未だ継続しています。

岩手県内では21例の発生(平成26年度に19例、平成27年度に1例、平成30年11月22日に1例)が確認されています。

詳細は、下記添付ファイルをご覧ください。

これまでに行った措置等

  1. 発生農場に対し、豚舎消毒など、まん延防止措置の徹底、豚の移動自粛を要請済み。
  2. 発生農場の肥育豚の出荷先であると畜場に、当該農場から、当面、出荷を自粛する旨連絡済み。
  3. 発生農場の臨床症状や衛生管理状況等を確認し、順次、と畜場への出荷自粛要請を解除。
  4. 県内養豚場における異状の有無を継続的に監視。
  5. 生産者に対し、消毒薬の徹底とワクチンの適切な接種について、継続的に啓発。

参考

  1. 豚流行性下痢は、ウイルスにより主に下痢を起こす伝染病で、人には感染しない。
  2. 平成25年10月以降、全国で継続発生中(農林水産省ホームページを参照)。本県では、平成8年に5農場14,641頭で確認されて以来の発生。
  3. 農場等での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあることから、決して行わないようお願いします。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 畜産課 振興・衛生担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5721 ファクス番号:019-623-0201
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。