「確かな学力育成プロジェクト」

ページ番号1027071  更新日 令和2年2月19日

印刷大きな文字で印刷

「確かな学力育成プロジェクト」及び「いわての授業づくり3つの視点(改訂版)」

 新しい学習指導要領では、児童生徒の学力について、知識・技能の習得と思考力、判断力、表現力等の育成のバランスを引き続き重視した上で、「知識の理解の質を高め、確かな学力を育成すること」を基本的な考え方の一つとしています。また、「生きる力」を具体化し「育成を目指す資質・能力」が三つの柱で整理されていますが、これは、学校教育法に規定された「学力の三要素」に共通するものです。

 このため、県教育委員会では、これまでの「確かな学び、豊かな学び」を一体的に捉え、プロジェクト名を「確かな学力育成」と位置づけ直し、全県での取組や学校の組織的な対応の強化をより一層推進していこうとするものです。 

 「確かな学力育成プロジェクト」の中心である「授業改善」を進めるにあたり、よりよい授業を目指し、各発達段階、各教科に共通する授業づくりの基本として示したものが「いわての授業づくり3つの視点」です。

 改訂にあたっては、引き続き、「学習の見通し」、「学習課題を解決するための学習活動」、「学習の振り返り」を視点としていますが、「児童生徒の姿」や「授業づくりのポイント」については、育成すべき資質・能力や学習指導要領改訂の趣旨等を踏まえて再整理しています。

 本県が大切にしてきたこの視点は、児童生徒の資質・能力を育成するために必要な「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に不可欠な授業の要素であり、本県の学校教育が目指す「知・徳・体を総合的に兼ね備えた社会を創造する人間」を育てることにもつながるものです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県教育委員会事務局 学校教育室 学力向上担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6147(内線番号:6166) ファクス番号:019-629-6144
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。