学力の向上について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1006335  更新日 令和2年3月13日

印刷大きな文字で印刷

 県では、いわて県民計画(2019~2028)の第1期アクションプラン(令和元年度から令和4年度)の政策分野「11【知育】児童生徒の確かな学力を育みます」において、基本方向を次のとおりとしています。

基本方向

 急激な社会変化に向き合い、他者と協働しながら、新たな価値を創造することができる児童生徒を育むため「主体的・対話的で深い学び」の推進などにより、これからの社会で活躍するために必要な資質・能力を育成します。
 また、児童生徒の「確かな学力」を育むため、諸調査の効果的な活用や情報通信技術(ICT)の活用などにより、児童生徒の実態に応じた授業改善や家庭学習の充実に取り組みます。
 さらに、情報化やグローバル化など変容する社会に対応し、岩手の未来を担う人材を育成するため、探究的な学習の推進や進学指導の充実などにより、生徒が希望する進路を実現できる力を育みます。

 

県が取り組む具体的な推進方策(工程表)

(1) これからの社会で活躍するために必要な資質・能力の育成

  • 児童生徒に言語能力、情報活用能力、問題発見・解決能力など全ての学習の基盤となる資質・能力を確実に育むため、カリキュラム・マネジメント1)を推進するとともに、情報通信技術(ICT)・新聞・統計資料などを活用した学習や、教科横断等による課題発見・解決学習などに取り組みます。
  • 幼児期における教育の充実を図るため、関係機関等との連携により県に幼児教育センター(仮称)を設置するとともに、幼児教育アドバイザーを養成するなど幼児教育推進体制を強化します。
  • 幼稚園等から高校教育までの円滑な接続を推進するため、小学校におけるスタートカリキュラムの充実、小学校における学びの状況を中学校と共有するなど小中連携の取組の推進、小中・中高が合同した教員研修の充実などに取り組みます。

(2) 諸調査やICTの活用等による児童生徒の実態に応じた授業改善の推進と家庭学習の充実

  • 児童生徒の学習上のつまずきに対応したきめ細かな指導を行うため、諸調査の内容改善と調査結果の効果的な活用、学校訪問指導の改善、校種横断的な連携の取組など、学校や児童生徒等の実態把握に基づいたCAPDサイクル2)による授業改善を推進します。
  • 学校における授業改善などを支援するため、各種学習調査結果等のデータを活用した効果的な指導方法や学校運営等に関する研究、小中高一貫したデータの構築等に関する研究などを推進します。
  • 児童生徒の情報活用能力の育成や各教科等の学習の充実を図るため、情報通信技術(ICT)環境を整備し、教員の指導力の向上や外部人材の活用などにより、情報通信技術(ICT)を活用した効果的な授業を推進します。
  • 児童生徒の学習内容の定着と学習意欲の向上のため、家庭や地域と連携し、授業と連動した計画的で効果的な家庭学習の充実に取り組みます。
  • 児童生徒の学習面・生活面へのきめ細かな指導の充実などを図るため、少人数教育や学習進度などに応じた教育を推進します。

(3) 社会ニーズに対応した学習内容の充実などによる生徒の進路実現の推進

  • グローバルに活躍する人材や地域課題解決をけん引する人材など、将来の本県の発展を担う多様な人材を育成するため、大学等との連携による探究的な学習の推進など、生徒の課題発見・解決能力の育成に取り組みます。
  • 高校生の希望する進路を実現するため、大学入試制度改革に対応した進学支援の充実や、産業界等との連携による専門的な知識・技術等の習得などに取り組みます。

 

 

1 )カリキュラム・マネジメント:

学校の教育目標の実現に向けて、子どもや地域の実態を踏まえ、教育課程(カリキュラム)を編成・実施・評価し、改善を図る一連のサイクルを計画的・組織的に推進していくことであり、また、そのための条件づくり・整備を行うこと。

2 )CAPDサイクル:

「C(現状把握・分析)現状の問題点を把握し原因を分析する(Check)」、「A(改善)改善内容を立案する(Action)」、「P(計画)改善案を基に具体的な施策を計画する(Plan)」、「D(実行)計画に基づき施策を行う(Do)」サイクルで、改善から次の計画までのサイクルが循環しやすい、より実効性の高い連続性を持った改善サイクル。

 

主な取組内容

小中高をつなぐ子どもの学び履歴構築事業〈学習定着度状況調査(小5・中2)、中学校新入生学習状況調査(中1)〉

目的・概要等:
小・中学校の児童生徒を対象に学習定着状況に関する調査を実施することにより、学習指導上の問題点を明らかにし、市町村教育委員会と連携して学力向上に取り組みます。

  • 学習定着度状況調査(小5・中2)、中学校新入生学習状況調査(中1)の実施
  • 学校組織全体による結果分析と課題点の把握
  • 学校組織全体の取組による課題点に対する方策の策定とその実践
  • 改善後の評価調査と方策の評価
  • 有効な方策を共有化するための教員研修会の開催

高等学校基礎力確認調査(高1・高2)

目的・概要等:
高等学校の生徒を対象に基礎学力および学習意識に関する調査を実施することにより、学習指導上の問題点を明らかにします。

  • 基礎力確認調査の実施
  • 学校組織全体による結果分析と課題点の把握
  • 学校組織全体の取組による課題点に対する方策の策定とその実践・分析・評価

中高連携数学学力向上推進事業

目的・概要等:
算数・数学教育における学校種横断的な課題等を共有し、その解決に向けた取組を充実させ、児童生徒の学力向上と教員の授業力向上を図ります。

  • 算数・数学教育研修会(算数・数学の授業改善を図るための研修)
  • 中高連携数学授業づくり推進教員養成研修会(若手教員の指導力向上のための研修)
  • 中高連携数学課題別サミット(数学指導上の課題解決のための研修)
  • 授業実践セミナー(優れた授業を共有するための研修)
  • 地区研修支援ネットワーク(地区の研修を支援する取組)

中高連携英語力向上推進事業

目的・概要等:
英語4技能の総合的な育成を目指した授業改善に係る研修及び指導を行うほか、生徒が英語を活用する機会等を提供し、生徒の英語力向上と小学校外国語、中学校、高等学校の教員の授業力向上を図ります。

  • 英語ディベート研修会・大会(高等学校) *小学校・中学校教員の参加を推奨
  • 授業改善のための学校訪問指導(中学校・高等学校)
  • 授業実践セミナー(優れた授業を共有するための研修)

英語を使って未来を拓く学校プラン(中学校・高等学校)

目的・概要等:                                                                                       諸調査結果を踏まえ、明確な目標設定による授業改善のためのPCDAサイクルを推進し、生徒の英語力の向上と教員の授業力向上を目指します。                                                                                                                                         

英語教育改善プラン推進事業(小学校外国語・中学校・高等学校)

目的・概要等:                                                   本県で策定した「英語教育改善プラン」に基づき、生徒の英語力向上と教員の指導力向上を目指します。

授業改善のための学校訪問指導

目的・概要等:
指導主事による個別訪問指導を通じて、中・高等学校の数学・英語における授業改善を推進し、生徒の確かな学力の育成を目指します。

授業力向上ブラッシュアップ事業

目的・概要等:
学習指導要領の趣旨の徹底及び諸調査結果に基づいた指導改善を図るため、下の(1)または(2)のモデル授業の提案を中心とした授業改善研修会を通して、小学校、中学校の各教科等において、県内で優れた指導実践を行っている教員の授業や県の課題に対応した授業を紹介し、校種を超えた意見交換を行っています。

(1)パイオニアモデル:学習指導要領等の改訂を踏まえ、その趣旨や内容等に基づく授業

(2)アクションモデル:諸調査の分析結果等を踏まえ、本県の教育課題の解決を目指す授業


イラスト:グラフを指さす男の子

このページに関するお問い合わせ

岩手県教育委員会事務局 学校教育室 学力向上担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6147(内線番号:6166) ファクス番号:019-629-6144
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。