児童相談所の震災後の取組みついて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003490  更新日 令和1年6月6日

印刷大きな文字で印刷

東日本大震災津波発生以降の宮古児童相談所における主な取組み

親族里親等支援

発災以降、当所では多くの児童を親族里親等に委託してきましたが、現在は発災直後の半数程度の委託となっております。当所では、県里親会主催の里親サロンへの支援や定期訪問を通して状況を確認し、継続的な支援を行っています。
委託している児童は、多くの方々の支援もあり、比較的落ち着いた生活を送っています。

被災地巡回児童相談の実施

管内の保育所や幼稚園等を訪問し、子どもたちの状況の把握や保育士からの相談を受けています。
時間の経過とともに、相談内容は発達面や家庭環境の問題等広がりを見せています。

 

訪問回数

相談件数

平成27年度

24回

77件

平成28年度

34回

96件

平成29年度

26回

55件

平成30年度   20回

  36件

このページに関するお問い合わせ

岩手県宮古児童相談所
〒027-0075 岩手県宮古市和見町9-29
電話番号:0193-62-4059 ファクス番号:0193-62-4054
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。