BSE対策について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004639  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

特定危険部位(SRM)の除去

安全対策として特定危険部位(SRM)の除去が確実に行われるよう、監視指導を行っています。

※特定危険部位

  • 全月齢の回腸遠位部及び扁桃
  • 30ヶ月齢超の頭部(舌、頬肉及び皮を除く。)、脊髄、脊柱(背根神経節を含む。)

BSE検査

牛海綿状脳症対策特別措置法に基づき、24か月齢以上の牛のうち、生体検査において運動障害等の神経症状又は全身症状を呈し、と畜検査員が疾病鑑別の観点から必要と判断した牛を対象にスクリーニング検査を実施

BSE検査フロー図

このページに関するお問い合わせ

岩手県食肉衛生検査所 検査指導課
〒028-3311 岩手県紫波郡紫波町犬渕字南谷地57-20
電話番号:019-672-4760 ファクス番号:019-672-4717
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。