令和元年度岩手県企業局決算概要

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1030303  更新日 令和2年6月1日

印刷大きな文字で印刷

令和元年度岩手県電気事業会計決算概要

 供給電力量は、水力発電で出水率の減等により、前年度比7.1%減の5億4,821万kWh余となったものの、電力料収入は、売電単価の高い高森高原風力発電所の電力量の増等により、前年度比0.1%増の62億円余となった。

 経常収益は、この収入増等により前年度比0.2%増の65億1千4百万円余となり、経常費用は、修繕費の減等により前年度比2.3%減の52億2千4百万円余となった。

 この結果、経常利益は、前年度比12.1%増の12億8千9百万円余となり、純利益は、特別損失を計上したものの前年度比5.0%増の12億8百万円余となり、平成27年度から5年連続10億円台となった。

令和元年度損益の比較                   (単位:千円)税抜

年度・科目

令和元年度(A)

平成30年度(B)

増減額(A-B)

増減率(A-B)÷B

経常収益

6,514,410

6,500,178

14,232

0.2%

経常費用

5,224,694

5,349,195

-124,501

-2.3%

経常利益

1,289,716

1,150,983

138,733

12.1%

特別利益

0

0

特別損失

81,320

0

81,320

皆増

純利益

1,208,396

1,150,983

57,413

5.0%

令和元年度岩手県工業用水道事業会計決算概要

 工業用水供給量は、実使用水量は増となったが、ユーザー企業の使用廃止に伴う基本使用水量の減により、料金収入は、前年度比4.6%減の7億9千5百万円余となった。

 経常収益は、料金収入が減となったことにより前年度比4.5%減の8億6千9百万円余となり、経常費用は、修繕費の減等により前年度比0.1%減の8億5百万円余となった。

 この結果、経常利益、純利益は、前年度比38.4%減の6千4百万円余となった。

令和元年度損益の比較                   (単位:千円)税抜

年度・科目

令和元年度(A)

平成30年度(B)

増減額(A-B)

増減率(A-B)÷B

経常収益

869,626

910,896

-41,270

-4.5%

経常費用

805,141

806,251

-1,110

-0.1%

経常利益

64,485

104,645

-40,160

-38.4%

特別利益

0

0

特別損失

0

0

純利益

64,485

104,645

-40,160

-38.4%

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企業局 経営総務室 予算経理担当
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6376 ファクス番号:019-629-6384
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。