車検時の自動車税納付確認の電子化について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011209  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

平成27年4月から、自動車の継続検査等(車検)を受ける際に自動車税納税証明書(納税証明書)の提示を省略できるようになります。万が一、納税証明書を紛失した場合でも、再交付を受ける必要はありません。

制度の概要

 これまで、車検を受ける際は、運輸支局の窓口で納税証明書を提示する必要がありましたが、平成27年4月1日から、車検を受ける自動車について、その都度、県から運輸支局へ自動車税の納付情報を提供することにより、運輸支局において自動車税の納付の有無を電子的に確認することができるようになります。

変更点

  • 車検を受ける際に、納税証明書の提示を省略できます。(※)
  • 万が一、納税証明書を紛失した場合でも、再交付を受ける必要はありません。

(※) 自動車税を納付後、すぐに車検を受ける場合は、納税証明書の提示が必要です。
    (納付方法により異なりますが、運輸支局に納付情報が到達するまで3~10日間を要します。)

注意点

  • 納税証明書の交付(納税通知書への連結、県税窓口における再交付及び納税証明書自動発行機の運用)は、当面、継続します。
  • 都道府県ごとに運用開始日及び取扱いの詳細が異なりますので、岩手県内のナンバー(岩・岩手・盛岡・平泉)以外の自動車については、自動車を登録した都道府県にお問い合わせください。
  • 軽自動車、小型二輪自動車は、電子確認の対象外ですので、市町村が交付する納税証明書が必要です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 税務課 電子システム担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5141 ファクス番号:019-629-5149
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。