東日本大震災津波に係る寄附金等の活用について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011100  更新日 令和3年9月30日

印刷大きな文字で印刷

東日本大震災津波につきましては、多くの皆様方からこれまでに351億円余の寄附金や助成金とともに、温かいご支援をいただき心から感謝申し上げます。

県にお寄せいただいた寄附金等については、寄附をされた方々のご意向を尊重し、第一に被災者の生活支援や住宅再建支援、第二に被災者の雇用確保や産業の復興、第三に復興を担う人材育成としての教育の再生・充実や震災で親を亡くしたこどもの支援等に活用させていただいておりますので、ご支援の状況とあわせ、活用状況をお知らせさせていただきます。

資料の概要

東日本大震災津波以降に寄せられた寄附金等

令和3年3月末時点

  • 民間企業・団体からの助成等 82億円
  • 県に対する寄附金等(累計) 269億円
    うち「いわての学び希望基金」 103億円
    うち県の復旧・復興事業等 166億円

寄附金等の主な活用事業

以下のファイルをご覧ください。

(令和3年3月時点)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 財政課 調査担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5093 ファクス番号:019-629-5114
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。