宮古農業改良普及センター

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1021769  更新日 平成31年4月1日

印刷大きな文字で印刷

業務概要

組織体制

宮古農業改良普及センターは、以下の課・チームで活動しています。

本所

  • 所長
  • 産地育成課(7名)
  • 地域指導課(5名)

岩泉普及サブセンター

  • 所長
  • 産地育成チーム(3名)
  • 地域指導チーム(3名)

 地域農業の目指す姿

  1. 生産組織の核となる経営体や新規就農者など農業の担い手が安定的に確保・育成されている
  2. 地域の中心経営体等の改善目標が達成され、安定した農業所得が確保される
  3. 特色ある気象条件や強みとなる資源を活用した当地域ならではの産地形成が進展し、園芸産地の確立や畜産物の安定生産により産地力が向上する
  4. 経営体や組織が自ら明確な目標と具体的な戦略を描きながら、6次産業化が進展する

 普及活動の方向性

  1. 担い手が魅力を感じる農業所得の確保支援(個別指導)
  2. 生産組織等の主体的活動促進及び合理的地域営農による産地拡大(組織・集団指導)
  3. 地域協働体制による効果的な産地拡大や担い手育成
  4. 関係機関・団体、他産業との連携強化による支援(コーディネート機能の発揮)
  5. チーム間及び普及事業パートナーとの連携強化(ネットワークの形成)

重点推進事項

1 意欲と能力のある経営体を育成し、農林水産業の振興を図ります

生産基盤の復旧を進めるとともに、再生農地における営農組織や核となる経営体の育成、新規就農者の確保などに取り組む

2 収益力の高い「食料・木材供給基地」をつくります

生産性の向上等を通じた園芸産地の確立や高品質な農畜産物の安定生産に向けた取組みを進め、地域特性を生かした農畜産物の産地力の向上を推進する

3 一人ひとりに合った暮らし方ができる農山漁村をつくります

特色ある農産物を生かした6次産業化の取組み、地域内流通等を通じた産直組織の販売額向上、食文化伝承活動などを支援する

お問い合わせ先

所在地

宮古農業改良普及センター

  • 郵便番号027-0072 宮古市五月町1-20 (宮古地区合同庁舎3階) 
  • 電話:0193-64-2220 
  • ファクス:0193-64-5631
  • 電子メール:CE0024@pref.iwate.jp

岩泉普及サブセンター

  • 郵便番号027-0501 岩泉町岩泉字松橋24-3(岩泉地区合同庁舎4階)
  • 電話:0194-22-3115
  • ファクス:0194-22-2806
  • 電子メール:CE0025@pref.iwate.jp

お知らせ

宮古農業改良普及センターからのお知らせ

このページに関するお問い合わせ