聖火フェスティバル概要

ページ番号1026247  更新日 令和3年3月31日

印刷大きな文字で印刷

 岩手県内での聖火フェスティバルでは、県内33市町村での「採火式」、各市町村で採火した聖火をひとつに集め、東京都へ向けて出立する「集火・出立式」を行います。

岩手県内での聖火フェスティバル

岩手県内市町村採火式 2021年8月12日(木曜)~ 8月16日(月曜)

県内33市町村で、独自の方法により魅力あふれる採火を行います。

岩手県集火・出立式 2021年8月16日(月曜) 盛岡市内

 各市町村で採火した「聖火」をひとつに集め、東京都内で行われる集火式に向けて出立します。当日は、集火・出立を盛り上げるセレモニーも行います。

見どころ

 「パラリンピック聖火はみんなのものであり、パラリンピックを応援する全ての人の熱意が集まってひとつの聖火を生み出す」という理念のもと、県内33市町村が、共生社会への思いが込められた『聖火』を採火します。

 伝統的な夏祭りの前後での採火や、地域で知られたモニュメントからの分火など、採火の方法は市町村ごとにさまざまです。

 各市町村の思いをのせた聖火は盛岡市で1つの炎となり、岩手県の聖火として、開催都市・東京へ旅立ちます。

全国でのパラリンピック聖火リレー

各地で採火された炎が開催都市で一つに集火され、パラリンピック聖火として、リレーの形で開催都市を巡ります。

 東京2020パラリンピック聖火リレーは、オリンピックの熱気と興奮をつなぐべく、オリンピック終了後、8月12日(木曜)から8月24日(火曜)のパラリンピック開会式までの移行期間に開催します。

 コンセプトである「Share Your Light / あなたは、きっと、誰かの光だ。」に基づいて、この大会を契機に共生社会を実現し、人と人、人と社会との、「新しいパートナーシップ」を考えるきっかけとなることを目指し、原則として「はじめて出会う3人」がチームになってリレーを行います。

 各都道府県実施日一覧をはじめ、詳しくは、東京2020組織委員会プレスリリースをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

文化スポーツ部 オリンピック・パラリンピック推進室 事業運営担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6496(内線番号:6496) ファクス番号:019-629-6792
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。