公共建築物の耐震化の状況について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1010320  更新日 平成31年3月26日

印刷大きな文字で印刷

公共建築物等の耐震化については、東日本大震災発生以前から計画的かつ重点的な取り組みが必要とされており、岩手県においても、「岩手県地域防災計画」及び「岩手県耐震改修促進計画」で、地震発生時に避難場所や防災活動の拠点となる公共建築物のうち昭和56年以前の旧耐震基準で建築されたものについて、個々の立地状況や今後の建替え予定の有無等を勘案しながら率先して耐震診断や耐震改修を進めるとともに、耐震化率や耐震性に係るリストの作成・公表に努めることとしています。

このたび、令和2年度末時点の状況がまとまりましたので、公表します。

耐震化状況は以下のファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 建築住宅課 建築指導担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5935 ファクス番号:019-651-4160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。