定時降水の全ベータ放射能調査結果

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005945  更新日 令和1年6月12日

印刷大きな文字で印刷

 定時降水は、午前9時から翌営業日の午前9時までの降水を試料として、ベータ線が検出された場合はゲルマニウム半導体検出器による核種分析を行うものです。

 本県はチェルノブイリ原発事故を契機に昭和62年度から測定を実施しており、福島原発事故後の緊急調査に対応するため、平成23年3月から12月に一時中断後、平成24年1月に再開しました。これまでの調査結果は次のとおりで、人工核種は不検出(検出下限値未満)でしたが、ベリリウムやタリウムなどの自然核種が検出されたことがありました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 環境保全課 環境調整担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5359 ファクス番号:019-629-5364
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。