岩手県における自殺の現状

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004173  更新日 令和3年6月4日

印刷大きな文字で印刷

自殺者数・自殺死亡率の推移

厚生労働省の人口動態統計によれば、平成15年の自殺者数527人、自殺死亡率37.8をピークとして、長期的には減少傾向にありますが、令和元年の岩手県の自殺者数は250人、自殺死亡率(人口10万人あたりの自殺者数)は20.5であり、全国2位と依然として高位にあります。

自殺死亡率の全国比較では、平成15年の12.3ポイントの差が、令和元年では4.8ポイントの差となり、全国との差は縮小しているところです。

男女別・年齢別の自殺者数

令和元年の年齢別の自殺者数は、警察庁自殺統計によると、男性では40代、女性では80歳以上が多くなっています。

(注)人口動態統計は外国人を除いた日本人の住民登録地で集計し、警察庁自殺統計は外国人を含む発見地で集計しています。

原因動機別・年齢別の自殺者数

令和元年の原因・動機別の自殺者数は、男女ともに最も多いものは「健康問題」で、年齢別では、20代及び50代の男性で「経済・生活問題」が多くなっています。

 

原因動機別・地域別の自殺者数の割合

令和元年の原因動機別、沿岸内陸別の自殺者数の割合は、沿岸、内陸ともに最も多い原因・動機は、「健康問題」であり、次いで沿岸では「経済・生活問題」、内陸では「家庭問題」が多くなっています。

東日本大震災に関連する自殺者数

東日本大震災に関連する自殺者数は、厚生労働省の公表によれば、令和元年12月までで計53人となっています。年齢別では60代が最も多くなっています。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課 自殺総合対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5483 ファクス番号:019-629-5454
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。