自動車の「車検」(継続検査・構造等変更検査)に使用する納税証明書

ページ番号1019678  更新日 令和1年7月30日

印刷大きな文字で印刷

自動車の「車検」(継続検査・構造等変更検査)に使用する納税証明書

1 内容

 平成27年4月から、登録自動車の継続検査等(車検)を受ける際に自動車税納税証明書の提示を省略できるようになりました。

 ただし、自動車税を納税後、直ぐに継続検査等を受検される場合、県から運輸支局に対する納付情報が到達していないため、運輸支局において電子的に自動車税の納付の有無の確認ができません。そのため、納税通知書に添付の納税証明書等が必要となる場合があります。

 詳しくは、「車検時の自動車税納付確認の電子化について」のページをご覧ください。

2 納税証明書の交付請求に必要なもの

 広域振興局の税務担当窓口(県税部・県税センター・県税室)に設置されている自動発行機により発行できます。

 発行には、継続検査等(車検)を受けようとする登録自動車の次の登録内容が必要ですので、自動車検査証(車検証)の写しなどをご準備ください。

  • 登録番号(ナンバープレートの内容)
  • 車台番号の下3桁

3 その他

(1) 手数料

 手数料は、かかりません。

(2) 交付請求に係るお問い合わせ・請求先

 各広域振興局の税務担当窓口(県税部・県税センター・県税室)です。詳しくは、「問い合わせ先・請求先等」のページをご覧ください。

(3) 郵送での交付をご希望される場合

 次の交付請求書をご準備いただき、「問い合わせ先・請求先等」のページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。