令和元年度事務事業評価結果の反映状況について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1026877  更新日 令和2年2月14日

印刷大きな文字で印刷

令和元年度事務事業評価結果の反映状況の概要

 事務事業評価は、政策推進プランを構成する707事業と、プラン構成事業以外の政策的な112事業の合計819事業を対象に評価を実施しました。
 事務事業評価結果などを踏まえて「縮減」又は「廃止・休止」とした事業は45事業となり、一般財源等で20億4,000万円を縮減しました。
 一方、事業内容の充実などにより67事業を「拡充」し、新規事業も48事業創設しました。このように事業の選択と集中を進め、財源についても国費等を最大限活用しましたが、直轄道路整備事業負担金等で一般財源等が増嵩したため、昨年度と比較して一般財源等は142億500万円増額しました。
 なお、今回の予算化に伴い、事務事業評価結果と反映結果に相違が生じた事業は116事業です。これは、予算編成段階において県の財政状況や国の制度改正の状況等を踏まえ、事業の必要性等について更に精査し整理統合を進めたもののほか、新たな課題に対応するための新規制度の創設等、評価時から予算編成時までに生じた状況変化によるものです。

事務事業評価結果の反映状況一覧表

添付ファイル

政策評価結果等の政策等への反映状況について

令和元年度政策評価結果等の政策等への反映状況報告書から抜粋。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部 政策企画課 評価担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5181 ファクス番号:019-629-6229
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。