岩手県の人口・経済

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1000653  更新日 令和3年2月17日

印刷大きな文字で印刷

岩手県の人口、世帯数、年齢階層別人口、経済成長率、産業構造など。

岩手県の人口(岩手県毎月人口推計 令和2年10月1日現在)

グラフ:岩手県の人口と世帯数の推移

人口 1,212,201人

岩手県の人口は昭和36年の1,449,324人をピークに減少傾向で推移しています。
昭和40年代後半から50年代後半にかけて一旦増加傾向となり、昭和60年に1,433,611人となりましたが、その後は減少傾向で推移し、平成13年以降は一貫して人口減で推移しています。

世帯数 530,914世帯

世帯数は増加傾向にありますが、人口を世帯数で割った1世帯当たりの人員数は減少傾向にあります。

岩手県の経済(平成30年度県民経済計算)

県内総生産

  • (名目)4兆7,396億円
  • (実質)4兆5,482億円

経済成長率

  • (名目)1.6%
  • (実質)1.6%

 食料品やはん用・生産用・業務用機械などの製造業が増加したことや、建設業が増加に転じたことなどにより、名目・実質ともに前年度比1.6%増となった。

グラフ:経済成長率の推移

一人当たり県民所得

284万1千円
(一人当たりの国民所得(=100)に対する水準:88.8)
注 一人当たり県民所得は、県民や県内の企業などが得た所得の合計を県の総人口で除して算出したものです。

産業構造

県内総生産(名目)から見た本県の産業構造の構成比は、第1次産業(農林水産業)が3.5%、第2次産業(鉱業、製造業、建設業)が29.9%、第3次産業(その他)が66.0%となっています。
(注1)県民経済計算の経済活動別区分による。
(注2)輸入品に課される税・関税等を加減算していないため、構成比の合計は100にならない。

 

グラフ:県内総生産(名目)から見た産業構造

産業別就業者数

産業別就業者数の構成比は、第1次産業が9.7%、第2次産業が25.9%、第3次産業が64.4%となっています。
(注)県民経済計算の経済活動別区分による。

グラフ:産業別就業者数

このページに関するお問い合わせ

ふるさと振興部 調査統計課 統計情報担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5299 ファクス番号:019-629-5309
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。