熱中症に気をつけましょう

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013524  更新日 平成27年5月18日

印刷大きな文字で印刷

 高温多湿となる時期になってきました。熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

熱中症の症状

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、大量の発汗
  • また、頭痛、不快感、吐き気、嘔吐、虚脱感の症状が出ます。
  • さらに、重症になると、意識障害、けいれんなどが起こります。
    自力で水が飲めない、意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう。

熱中症予防・・・3つのポイント

  1. 暑さを避ける。
    • 身体の蓄熱を避けるために
      通気性が良く、吸湿性・速乾性のある衣服を着用しましょう。
      保冷剤や氷、冷たいタオル等で身体を冷やしましょう。
      節電を意識しすぎるあまり、健康を害することのないように注意しましょう。
    • 室内では
      ブラインドやすだれを利用し直射日光を防ぎ、こまめに窓を開けて風を通しましょう。
      扇風機やエアコンで適度に温度調整をしましょう。
    • 外出時には
      日傘や帽子の着用、日陰の利用、こまめな休憩を心がけましょう。
      車内に小さなこどもを置いて車から離れることは絶対にやめましょう。
  2. こまめに水分を補給する。
    のどの渇きを感じなくても、また、寝る前も忘れずに水分を取りましょう。
    ビール等のアルコール飲料は、体内の水分を出してしまうため水分補給にはなりません。
  3. 周りの人にも気配りを
    一人ひとりが周囲の人に気を配り、熱中症の予防を呼びかけ合うことで、熱中症の発生を防ぐことができます。
    自分のことだけでなく、周りの人の体調にも気を配りましょう。
    おかしいと思ったら医療機関に相談しましょう。

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局保健福祉環境部花巻保健福祉環境センター・中部保健所 保健課 健康づくり・感染症チーム
〒025-0075 岩手県花巻市花城町1-41
電話番号:0198-22-4952(内線番号:231) ファクス番号:0198-24-9240
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。