ICT活用工事

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1020287  更新日 令和4年3月25日

印刷大きな文字で印刷

岩手県県土整備部ICT活用工事試行・実施要領を公表します。
原則として、平成29年4月1日以降に入札公告に付す工事から適用します。
令和2年1月17日 ICT施工実績を追加しました。
令和2年3月31日 岩手県県土整備部ICT活用工事試行要領を一部改定しました。
令和2年10月1日 岩手県県土整備部ICT活用工事試行要領を一部改定しました。
令和3年4月1日 岩手県県土整備部ICT活用工事実施要領を一部改定しました。
令和3年10月1日 岩手県県土整備部ICT活用工事実施要領を一部改定しました。
令和4年4月1日 岩手県県土整備部ICT活用工事実施要領を一部改定しました。

ICT活用工事実施要領

対象工事の選定

1 土工(当該工種のICT活用工事を「ICT土工」という。)

 原則として、土工数量1,000m3以上で以下の工種を含む工事とし、10,000m3以上は発注者指定型で発注することを標準とする。

 ア 河川土工、海岸土工、砂防土工、道路土工、空港土工

 イ 作業土工(床掘)

 土工量1,000m3以上の工事とは、土の移動量の計が1,000m3以上のものである。

 例えば、掘削土量500m3、埋戻し土量500m3の工事は1,000m3として扱う。

 なお、作業土工のみの工事は、対象としない。

2 舗装工(当該工種のICT活用工事を「ICT舗装工」という。)

 原則として、舗装面積3,000m2以上の以下の工種を含む工事とし、10,000m2以上は発注者指定型で発注することを標準とする。

 ア 舗装工、付帯道路工、空港舗装工

 例えば、下層路盤1,500m3、上層路盤1,500m2の工事は3,000m2として扱う。

3 河川浚渫工(当該工種のICT活用工事を「ICT河川浚渫工」という。)

 原則として、以下の工種を含む工事。

 ア 浚渫工(バックホウ浚渫船)

4 地盤改良工(当該工種のICT活用工事を「ICT地盤改良工」という。)

 原則として、以下の工種を含む工事。

 ア 安定処理工(バックホウ混合)

 イ 中層混合処理工

 ウ スラリー撹拌工

5 法面工(当該工種のICT活用工事を「ICT法面工」という。)

 原則として、ICT土工の対象工事において実施する。

 ア 植生工

 イ 吹付工

 ウ 吹付法枠工

6 付帯構造物設置工(当該工種のICT活用工事を「ICT付帯構造物設置工」という。)

 原則として、ICT土工の対象工事において実施する。

 ア コンクリートブロック工、緑化ブロック工、石積(張)工

 イ 基礎工

 ウ 暗渠工、管渠工

 エ 側溝工

 オ 縁石工

 カ 海岸コンクリートブロック工

 キ コンクリート被覆工

 ク 護岸付属物工

7 舗装工(修繕工)(当該工種のICT活用工事を「ICT舗装工(修繕工)」という。)

 原則として、切削オーバーレイ工の面積3,000m2以上の工事。

8 浚渫工(港湾)(当該工種のICT活用工事を「ICT浚渫工(港湾)」という。)

9 基礎工(港湾)(当該工種のICT活用工事を「ICT基礎工(港湾)」という。)

10 ブロック据付工(港湾)(当該工種のICT活用工事を「ICTブロック据付工(港湾)」という。)

11 海上地盤改良工(港湾)(当該工種のICT活用工事を「ICT海上地盤改良工(港湾)」という。)

工事成績評定における評価

(詳細は実施要領 第6 参照)

 ICT活用工事を実施した場合、創意工夫において評価する。

 発注者指定型において、明らかに受注者側の取り組む姿勢が見られなかった場合は、減点評価を行うものとする。

  工事成績評定の詳細は下段の関連リンク参照

 発注者は、工事完成後、ICT活用工事実施証明書を主任技術者(又は監理技術者)に発行するものとする。

設計データの3次元化のための費用負担

(詳細は実施要領 第8 参照)

 現行基準による2次元の設計ストックを用いて発注する場合、発注者は契約後に3次元起工測量及び3次元設計データ作成を指示するものとし、これにかかる経費は受注者からの見積りを徴収し妥当性を確認した上で工事費において計上する。

工事費の積算

(詳細は実施要領 第9 参照)

 

(1) 発注者指定型は、発注に際して別表1の積算要領により積算するものとする。なお、3次元起工測量及び3次元設計データにかかる費用については、変更契約において積算するものとする。

(2)  受注者希望型は、発注に際して従来手法に基づく積算を行い、発注するものとする。ただし、契約後の協議によりICT活用工事を  実施する場合は、別表1の積算要領により、積算するものとする。なお、ICT建設機械による施工のみを実施する場合も、当面の間、契約変更の対象とする。

ICT活用工事特記仕様書

特記仕様書の例は添付ファイルのとおりです。

ICT活用工事FAQ

岩手県県土整備部ICT活用工事実施要領に関するよくある質問と回答をまとめました。

ICT活用工事 完成済案件

県土整備部ICT活用工事 実施中・完成済案件(令和3年3月31日時点)

県土整備部発注工事において、完成済みの案件は添付ファイルのとおりです。

各種要領(外部リンク)

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 建設技術振興課 技術企画指導担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5951 ファクス番号:019-629-2052
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。