急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイントについて

ページ番号1032738  更新日 令和2年8月25日

印刷大きな文字で印刷

急傾斜地(がけ地)等の自主点検時のポイントをお知らせします。

急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイントについて

崩壊状況写真
 令和2年2月5日に神奈川県逗子市で道路に隣接する民有地斜面が雨が降っていないにもかかわらず斜面が崩落し、歩道の歩行者が土砂に巻き込まれ死亡するがけ崩れが発生しました。
 斜面は、風化が進行して無降雨であっても突然崩壊する危険性があるため、土地所有者に対して、国から斜面の自主点検時のポイントが示されました。

(注)風化:地表の岩石が気温、雨水などの作用により次第に破壊され土や砂になること

 

点検時のポイントを確認し、斜面に変状が見られる場合は、お住まいの市町村等に連絡しましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 砂防災害課 砂防担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5923 ファクス番号:019-629-9140
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。