正しい手洗いの仕方を覚えましょう!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015819  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

正しい手洗いでインフルエンザや食中毒を予防しよう!

インフルエンザやカゼの病原体はどうやって体に侵入するのでしょうか?

インフルエンザや一般的なカゼ等は、感染(かんせん)した人のくしゃみや咳(せき)のしぶき(飛沫・ひまつ)を直接吸い込んで感染する場合(飛沫感染・ひまつかんせん)と、その飛沫(ひまつ)が付着している部分を触った手から感染する場合(接触感染・せっしょくかんせん)があります。
確実に手を洗うことは、インフルエンザのみでなく食中毒の予防にも有効です。

こんな場合は確実に、こまめに手を洗いましょう!

  • 外から帰ってきた後
  • 食事の準備の前
  • 食事の前
  • トイレに行った後
  • オムツを換えた後
  • 動物を触った後

写真:説明の様子

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県環境保健研究センター 保健科学部
〒020-0857 岩手県盛岡市北飯岡1-11-16
電話番号:019-656-5669 ファクス番号:019-656-5667
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。